MENU

PRODUCTS 取扱商品のご案内

お問い合わせフォーム

information

2017.09.09

つれづれ

酔芙蓉

毎年、お盆の頃に、芙蓉の花が咲き始める。色は白やピンク、濃いピンク。花弁が大きく美しい。

芙蓉より少し遅れて、9月の初旬にかけて咲く酔芙蓉。

朝は真綿のような真っ白の花が、お昼の頃には、少しお酒を召されたか、ほんのり桜色。

夕方には夕焼けのような紅色となる。お酒に酔って、顔がだんだん赤くなる様と似ていることから、

酔芙蓉と名付けられたらしい。八重で豪華な花だが、芙蓉の宿命で、花は一日で萎れて次の日には

落ちてしまう。

同じこの時期に、幹線道路からはずれ、脇道を行くと蔓状にしだれて、びっしりと輝くような真っ白な

花を見ることがある。ちょっとした擁壁、山手に行くと木の枝に絡み、気高く咲き誇っている・・・

遠目では区別がつかないが、センニンソウかボタンヅル。

 センニンソウ

 ボタンヅル

蔓に咲く白い花といえばカラスウリも、今頃咲いている。街並みを少しはずれた所でよく見かける。

思いっきり花弁を広げて、周りは割けて糸状になっている。

 カラスウリ

よく見かける赤い実のカラスウリと、実が黄色いキカラスウリをたまに見ることがある。

花の違いは花弁の幅が少し違うかなという程度で区別をつけにくい。

 キカラスウリ

 

 

 

 

お知らせ一覧へ