MENU

PRODUCTS 取扱商品のご案内

お問い合わせフォーム

information

2017.09.10

つれづれ

初秋の平尾台

日中の日差しはまだ強いけれど、朝晩はめっきり涼しくなり、初秋の花を探しに平尾台へ向かった。

茶ヶ床の駐車場で車を降り、小道を歩く。連なる山々は夏の色だが、風に秋を感じる。

道の脇の繁みの中から、萩に似た濃いピンクの花が茎を伸ばしている。コマツナギだ。

コマ(駒)とは馬のことで、茎が馬を繋げるほど、しなやかで強い。

 コマツナギ

日陰の少し湿気のある所に、ホトトギスの仲間でヤマジノホトトギスが紫色の花を咲かせている。

うつむき加減でたおやかな花は秋の風情。

 ヤマジノホトトギス

さらに進むと、秋の七草の一つナデシコの仲間のカワラナデシコが涼風を受けて、しとやかに花びらを、そよがせている。

 カワラナデシコ

大きな岩陰の近くにはツリフネソウが咲いている。花にきわだった特徴がある。花柄は細く、

花を吊ったように見える。花の形がロート状で船のように見えることが名の由来になっているらしい。

色は濃いピンク。また黄色もありキツリフネソウという。

 ツリフネソウ

もう少し奥に進むと今までの草むらとは違い、背丈が伸びた灌木群が広がる。

その中ですくっと丈を伸ばして立ち、異彩を放っているのがハバヤマボクチ。

初めて目にしたときは枯れたヒマワリ?いや何かの実?・・・・・

 ハバヤマボクチ

お知らせ一覧へ