MENU

PRODUCTS 取扱商品のご案内

お問い合わせフォーム

information

2017.10.17

つれづれ

仲秋の頃

だらだらと続く上り坂、まっすぐ進むと千仏鍾乳洞、左手は茶ヶ床園地に行く三叉路。

そこ見晴台からの眺めは、広がる草むら、銀色に輝くススキの穂の波、遠くは連なる山々。

パノラマのようだ。

少し上った所に、細い道があり草むらを掻き分けて進むことができる。

足元が見にくいのか、せっかく今から伸びようとしている山野草が、無残に踏みつぶされていることがよくあり、心が痛む。

小道を行くと、細長く頼りなげな茎の先にぽかっとウメバチソウが咲いている。

花は白い5枚の花弁で梅に似た形をしている。

 ウメバチソウ

ススキの根元にふと目をやると、ナンバンギセルを発見!

出会いたいと探すときにはなかなか見つからないが不思議に、一つ見つかると、またここにも、あそこにも、と見過ごした所で見つかることがよくある。

平尾台のナンバンギセルは濃い紫色で美しい。

 ナンバンギセル

またこの時期、もう少し標高のある所で、白色で花弁の先に、多数の緑黒色の斑点を散りばめたアケボノソウが咲いている。

斑点が明け方の星座のようで、この名前がついたらしい。

 アケボノソウ

帰りに山道を下っていて、山手の藪の中でタカネハンショウヅルに出会えた。

釣鐘のような形をし、花弁の先を思い切り反らせた花の姿が、何ともかわいらしい。

 タカネハンショウヅル

 

お知らせ一覧へ