MENU

PRODUCTS 取扱商品のご案内

お問い合わせフォーム

information

2018.03.17

つれづれ

早春の男池

冬の寒さでひきこもっていたが、明るい陽射しに誘われて、外に出てみると、すっかり春が息づいていた。

ようやく雪の解けた男池。

入口から、林の間の細く少し薄暗い道を進んで行くと川にぶつかる。

こんこんと尽きることがない湧水が、澄んだ美しい水の流れになる。流れに沿った道を歩い

ていると、足元にひっそりと咲く白いアズマイチゲを発見した。細く繊細な花弁に見えるが10枚前後の萼片だ。

 アズマイチゲ

その道から急な斜面で山手に上がろうと見上げると、大きな岩を大木の根ががっしりと抱え込んでいる姿に驚く。まるで猛禽類がその爪で、獲物を捕らえたようだ。

斜面を登っていくと、過去の台風で倒れたのか、横倒しになった大きな木に行く手を遮られる。くぐって先に進んでいると、先のアズマイチゲに似た白味を帯びた薄紫の花に会えた。まさに雪解け一番にふさわしい名前のユキワリイチゲ。

 ユキワリイチゲ

斜面を登り詰めると少し視界が開ける。そこを左手に、隠し水の方に行くと、瑠璃色の5枚の花弁のヤマルリソウ。1cmほどの小さな花だ。名前に瑠璃がついているが、白やピンク、薄いブルーの花もある。

 ヤマルリソウ

もう少し進むとこれも直径1cmくらいの見過ごしそうな白い花サバノオが咲いていた。

 サバノオ

隠し水から同じ道を折り返し、先の急な斜面の方には行かず、緩やかな道をそのまま進む。山手から平坦な所に出るまで石や岩で階段状になっている道の脇にハルトラノオが咲いていた。穂状で白いロート型の白い花の中から見える赤い雄蕊が何ともかわいらしい。

 ハルトラノオ

お知らせ一覧へ